ひとつひとつの未来をカタチに。

ICTエンジニア
採用情報 

ひとつひとつの未来をカタチに。

ICTエンジニア 採用情報 

ICTエンジニア採用情報

ICTエンジニアとは

 
ICTは「Information and Communication Technology」、すなわち情報通信技術のことで、ICTエンジニアは情報通信に特化した技術者のことを指します。
IT(情報技術)とほぼ同じ意味ですが、ITの技術を活用し、情報を伝達することに焦点を当てているのがICT技術です。
ICTエンジニアの仕事は、コンピューターのプログラムを使って顧客の要求を満たすシステムを作るのが主となり、分野によって様々な職種に分かれています。
ICTエンジニアには数多くの職種があり、それぞれに求められる能力も違います。
たとえば、プロジェクト・マネージャーは、ICTの専門知識よりもマネジメント能力やコミュニケーション能力が重要とされていますが、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアでは、専門知識が何より大切です。
また、データベースエンジニアなら、データベースシステムに精通していることに加え、「データを企業戦略にどう活かすか」を考える上で、ビジネス全体を見通す視点が要求されるという具合です。
たとえ同じ職種でも、クライアントとの交渉、企画、設計を担当する場合と、設計書に基づいたシステムの開発、テストを担当する場合では、必要なスキルが変わってきます。
 

 

ICTエンジニアになるには

 
ICTエンジニアというと理系のイメージがありますが、文系からICTエンジニアになる人は少なくありません。
コミュニケーション能力や交渉力など、コンピューターに関する専門知識以外が重視される場面が多く、理系といっても情報技術以外を勉強した人もいるので、文系との間に大きな差はありません。
必要な知識を確実に身に付けていけば、誰でも挑戦できる仕事です。それが、ICTエンジニアの魅力のひとつといえるでしょう。
未経験からICTエンジニアに必要な知識を身に付ける方法としては、

  1. 独学で学ぶ
  2. 専門のスクールに通う
  3. 未経験で入社して企業の研修や業務を通じて学ぶ
  4. ICTプロジェクトのリアルな現場にヘルプデスクとして参加する
のいずれかでしょう。
未経験での入社は難しいように思われがちですが、私たちフィルアップでは、エクセルが使える方であれば、「ICTプロジェクトのリアルな現場にヘルプデスクとして参加」していただき、実際のプロジェクトを体感しながらICT業界でのデビューを果たすことが可能となっています。
なお、参考までにICTエンジニアの職種一覧をご紹介させていただきます。
 

ICTエンジニアとは

ICTは「Information and Communication Technology」、すなわち情報通信技術のことで、ICTエンジニアは情報通信に特化した技術者のことを指します。
IT(情報技術)とほぼ同じ意味ですが、ITの技術を活用し、情報を伝達することに焦点を当てているのがICT技術です。
ICTエンジニアの仕事は、コンピューターのプログラムを使って顧客の要求を満たすシステムを作るのが主となり、分野によって様々な職種に分かれています。
ICTエンジニアには数多くの職種があり、それぞれに求められる能力も違います。
たとえば、プロジェクト・マネージャーは、ICTの専門知識よりもマネジメント能力やコミュニケーション能力が重要とされていますが、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアでは、専門知識が何より大切です。
また、データベースエンジニアなら、データベースシステムに精通していることに加え、「データを企業戦略にどう活かすか」を考える上で、ビジネス全体を見通す視点が要求されるという具合です。
たとえ同じ職種でも、クライアントとの交渉、企画、設計を担当する場合と、設計書に基づいたシステムの開発、テストを担当する場合では、必要なスキルが変わってきます。
 

 

ICTエンジニアになるには

ICTエンジニアというと理系のイメージがありますが、文系からICTエンジニアになる人は少なくありません。
コミュニケーション能力や交渉力など、コンピューターに関する専門知識以外が重視される場面が多く、理系といっても情報技術以外を勉強した人もいるので、文系との間に大きな差はありません。
必要な知識を確実に身に付けていけば、誰でも挑戦できる仕事です。それが、ICTエンジニアの魅力のひとつといえるでしょう。
未経験からICTエンジニアに必要な知識を身に付ける方法としては、

  1. 独学で学ぶ
  2. 専門のスクールに通う
  3. 未経験で入社して企業の研修や業務を通じて学ぶ
  4. ICTプロジェクトのリアルな現場にヘルプデスクとして参加する
のいずれかでしょう。
未経験での入社は難しいように思われがちですが、私たちフィルアップでは、エクセルが使える方であれば、「ICTプロジェクトのリアルな現場にヘルプデスクとして参加」していただき、実際のプロジェクトを体感しながらICT業界でのデビューを果たすことが可能となっています。
なお、参考までにICTエンジニアの職種一覧をご紹介させていただきます。
 

ICTエンジニア職種一覧

 
*職種クリックで詳細が表示されます。

ICTコンサルタント

ICTコンサルタントとは、一言でいえば「ICTを活用して企業の課題を解決する専門家」です。
経営戦略に沿ってIT戦略を策定し、システム開発の提案やシステムの最適化を通じて、企業の経営を助ける職種です。
プロジェクトの進捗管理や運用テストにも関わるなど、仕事内容は多岐にわたります。

仕事内容詳細

ICTコンサルタントの仕事は、企業のICT戦略の策定からシステムの見直し、新システム導入の提案、システムの最適化や動作検証まで多岐にわたります。その仕事内容は、次の3つの段階に分けることができます。
 
①ヒアリング・分析
クライアント企業の経営者やICTの統括責任者から、業務範囲や経営戦略、導入済みのシステム、業務のフローなどをヒアリングし、それらを整理・分析することで、ICT分野における企業の課題を洗い出します。

 
②提案
分析結果を踏まえて、新システムの導入など、企業の課題を解決するための提案を行います。クライアントに対し、今の課題は何か、なぜこの方法なら課題を解決できるのかをしっかり伝えられるプレゼンテーション力が求められます。

 
③マネジメント
課題解決を見据えて採用されたプロジェクトを統括し、必要な人材を集めて、チームづくりや全体の進捗管理、クオリティの管理を行います。

 

活かせる資格
ITコーディネータ、プロジェクトマネージャ試験、中小企業診断士など

 

プロジェクトマネージャー(PM)

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体の進行を管理し、予算や品質、納期、成果物のクオリティに対して全責任を持つ役職です。
プロジェクト全体を見通した上で意思決定を行い、プロジェクトを成功に導くまでが仕事となります。

仕事内容詳細

プロジェクトマネージャーは、ICTシステムの構造や機能に応じて、予算やスケジュール、開発に必要なメンバーを決定し、チームを結成してプロジェクトを遂行していきます。
目指す成果物を完成させ、クライアントに納品するところまでがプロジェクトマネージャーの仕事となります。成果物が完成した後は、運用担当チームに案件を引き継ぎますが、あらかじめ運用のライフサイクルを見通したプロジェクトを策定するのも、プロジェクトマネージャーに必要な能力です。
プロジェクトマネージャーの仕事内容は多岐にわたりますが、大きく次の5つに分類することができます。
 
①システム開発計画の策定
顧客の要望をヒアリングし、どのようなシステムを開発するか決定します。システムの構造や主要な機能を決めるとともに、規模や予算、スケジュールについても決定し、必要な人員や工数を明確化していきます。
 
②プロジェクトチームの編成
必要な人材を集めてプロジェクトチームを編成し、システム開発環境を整えます。
 
③プロジェクトの推進・管理
チームメンバーに、システム開発の目的やスケジュール、納期などを説明し、チーム全体で共有します。顧客の要望や決定事項、変更が生じた点などについて、メンバーに随時伝えていくとともに、各セクションの進行をチェックし、プロジェクトが予定どおり進行するように管理します。問題が発生した場合は、顧客と交渉してスケジュールの調整も行います。
 
④チーム内の対人関係をサポート
顧客と開発チームとの調整役を担う他、他部門との連携や情報共有を行い、チーム内のトラブルを解消することで、プロジェクトの進行を助けます。
 
⑤評価およびレビュー
プロジェクト終了後に振り返りを行い、問題点や改善点を検証します。プロジェクトマネージャーは、予算やスケジュールの決定も自身の責任で行うことになります。そのため、関連の知識やコミュニケーションスキルだけでなく、プロジェクト全体を俯瞰することのできる、経営者的な感覚も必要となります。
 

活かせる資格
プロジェクトマネージャー試験、ITストラテジスト、応用情報技術者、PMP、ITILファンデーションなど

 

プロジェクトリーダー(PL)

プロジェクトリーダー(PL)は、開発などのプロジェクトを遂行する際の現場責任者です。プロジェクトマネージャー(PM)が、クライアントなどの社外関係全般に責任を担うのに対し、プロジェクトリーダー(PL)は現場に携わる業務の責任を担います。当社フィルアップの場合、プロジェクトマネージャー(PM)がプロジェクトリーダー(PL)を兼務する場合がほとんどです。
プロジェクトリーダー(PL)はシステムエンジニアの1階層上位の職種となりますが、今までのシステムの構築作業など、個人で作業をしていたのに対し、プロジェクトリーダー(PL)は他のメンバーのマネジメントも求められます。

仕事内容詳細

プロジェクトリーダーの仕事は、プロジェクトを成功させるための「現場管理」を行います。
プロジェクトの要件定義や基本設計、詳細設計などを把握し、正しくシステムが構築されているかを確認して、テスト・納品までを管理します。
現場で解決できるトラブルが発生した場合には対応策を考案したり、トラブルに発展しそうな状況があれば率先してフォローに入ったりして、納期に遅れることがないようにスケジュールを厳守していきます。
また、チームを率いるリーダーとしての役割を果たすために力を発揮し、メンバーの士気を高く保つ努力もしていきます。立場上、社外や社内からの情報が集まる重要なポジションとなっており、柔軟性のある判断が求められます。
 

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアの役割は、クライアントへのヒアリングを通じて要求に最適な仕様のシステム開発をおこなうことです。また、開発の現場においてシステム設計やプログラミングなどの業務を担当します。
プログラミング業務では、プログラマーに依頼することもあれば自分自身でプログラミングをすることもあります。プログラマーの上位職であるため、プログラマーのリーダー的ポジションであるともいえるでしょう。
プログラマー上位職のプロジェクト・リーダーとの違いは、システムだけでなくメンバーや予算といったプロジェクト全体の管理をするかどうかという点にあります。会社の規模によっては、システムエンジニアがプログラマーとプロジェクト・リーダーの両方の役割を案件の終了まで一人で担当することもあります。
 

仕事内容詳細

一般的にシステムエンジニアの仕事は、次のような流れで行われます。
 
要求分析
クライアントがどのようなシステムを求めているのかをヒアリングします。
現場や関係者の意見から課題を見つけ、ニーズを分析することも仕事です。
 
要件定義
クライアントの要求をもとに、システム全体の概要を明確にします。
要求分析から「クライアントはどのようなシステムを求めているのか?」ということを正確に把握し、「プログラマーに何を作ってもらえば良いか?」を明確にして指示を出していきます。
 
基本設計
業務の流れや機能の洗い出し、ネットワーク構成や管理画面のレイアウトなど、システム全体の基本的な構成を設計します。
 
詳細設計
設計書の仕様通りにシステムが動作するよう、プログラミングを行うための、細かな設計をしていきます。プログラマーが実装できるようにデータベースの構造や画面項目など、基本設計で作成した内容を堀り下げて、仕様を固めていきます。
 
プログラミング
プログラマーに依頼をしたり、自分自身もプログラミングを担当したりして、プログラムを作成します。
 
テスト検証
完成したシステムが正しく作動するかどうか、不備やミスがないかの確認テストを行います。
 
運用・保守
納品して終わりではなく、運用と保守を継続する案件もあります。
運用で重要なのは「トラブルを未然に防ぐこと」になります。一方で保守は、障害対応が主な業務です。トラブル発生時に、いかに早く復旧できるかが鍵となるので、幅広い知識が求められます。
 

活かせる資格
基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、システムアーキテクト試験など

 

プログラマー(PG)

プログラマーとは、コンピューターを動かすプログラム言語を用いてさまざまなシステムやソフトウェアを作るためのプログラミングを行う仕事です。
一般的には、システムエンジニアがシステムやアプリケーションの仕様書や設計を行い、それに基づいてプログラマーがプログラミングを行います。プログラムの導入や分析などを行うこともあります。

仕事内容詳細

プログラマーは、システムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング作業をおこないます。
使用するプログラミング言語は、C、Java、JavaScript、Perl、PHP、Ruby、Objective-C、Swiftなど多数ありますが、どのような業界の仕事を担当するかによって、必要になる言語も変わってきます。
システム上のバグ(エラー)を発見することもプログラマーの重要な仕事の一つです。
 

プログラマーの種類はさまざま

 
Web系
ショッピングサイトやデータベースの構築など
 
組み込み、制御系
電子レンジや炊飯器などの家電製品のほか、テレビ、スマートフォンなどの機械を制御するプログラムなど
 
設備制御系
交通機関、工場、研究室といった、設備に関する制御など
 
オープン、オンライン系
ネットワークでWeb関連のシステムを開発し、サーバーのシステムを構築するなど
 
汎用系
クレジットカード、金融機関のシステムで使われるメインフレームの開発など
 
通信系
ルーターやモデムといったネットワーク機器をはじめとした、通信関連のプログラムなど
 

プログラマーにおすすめの資格

プログラマーとして欠かせないのが「プログラミング言語」に関する資格です。資格がなくてもプログラムができれば問題ありませんが、技術力を証明する一助にはなります。プログラマーの職種に就くにあたり、取得しておくと有利になる資格をいくつかご紹介します。

  • ITパスポート試験

プログラミング言語系の資格ではありませんが、プログラマーとして働いていく上で最初に取得しておきたいのが「ITパスポート」です。経済産業省が認定する国家資格で、IT関連の知識はもちろんのこと、企業活動、経営戦略、会計、法務など、エンジニアとして知っておくべき関連知識も試験範囲となっています。特に情報セキュリティや情報モラルなどは、最低限知っておくべき内容となっています。

  • Oracle Certified Java Programmer

Oracle社が実施している試験で、プログラミング言語「Java」の資格試験としては有名な資格です。試験は難度によって区分されており、ブロンズ、シルバー、ゴールドの順で難しくなっています。ブロンズとシルバーは誰でも受験できますが、ゴールドは、シルバーの資格を取得していなければ受けることができません。

  • C言語プログラミング能力認定試験

「サーティファイ」というビジネスの能力認定会社が行っている試験です。プログラミング言語である「C言語」を使ってプログラムを作成する能力を認定します。特に1級は、システムの仕様変更に対して、コーディング、デバッグなどを行ってプログラムを完成させる力を測定するため、ICT業界で高い評価を持つ資格となっています。

  • Ruby技術者認定試験制度

プログラミング言語「Ruby」の普及・発展のために活動している「Rubyアソシエーション」が実施する認定試験です。Rubyベースで開発を行う際に、必要な知識を持っていることを証明してくれます。認定者はRuby技術者として評価され、高い水準のシステム開発能力があることが証明されます。

 

サーバーエンジニア

インターネットには欠かすことのできないサーバーを、ゼロから構築・設計し、管理保守をするのが「サーバーエンジニア」の仕事です。
「ネットワークエンジニア」と混同されがちな職種ですが、サーバーエンジニアはサーバーを動かすアプリケーションを担当しており、ネットワークとつなぐアプリケーションを担当するネットワークエンジニアとは、仕事のフィールドが異なります。

仕事内容詳細

サーバーエンジニアの仕事は、構築業務と保守業務に分かれます。

  • 構築業務

運用に必要なサーバーのスペックや処理能力、必要台数などを検討します。
一口にサーバーといっても、「Webサーバー」や「ファイルサーバー」「メールサーバー」などがありますので、コストはもちろん、設置場所の通信速度や施設の電源容量など、さまざまな要素を考慮して設計しなければいけません。
場合によってはプログラマーなど、関係者との打ち合わせも行います。
設計完了後、サーバー機材をサーバーラックなどに配置します。
もちろん、ケーブルの配線もサーバーエンジニアの役割となります。
最後にサーバー用のOSをインストールし、運用に必要なアプリケーションをインストールするのが一般的な流れです。
最近ではサーバーのクラウド化が進んでいるので、上記のサーバーラックへの配置やケーブルの配線などの作業は少なくなりつつあります。

  • 保守業務

保守業務は、サーバーの監視、セキュリティチェック、バックアップなど多岐にわたります。
通常は、アプリケーションのバージョンアップに伴う設定や負荷対策のためのチューニング、万が一のときのためのバックアップやウィルス対策がおもな仕事です。監視しているサーバーに障害が発生すれば、解決するまで昼夜を問わず復旧作業を行います。
 

サーバーエンジニアにおすすめの資格

サーバーエンジニアに関連する資格を取得することで、OSやネットワークについての知識を深めることができます。
サーバーエンジニア関連の資格は国家資格ではなくベンダー資格(企業が自社製品に関する知識や、技能が一定水準以上であることを認定してくれる民間資格)が多いので、目標を設定して複数の資格を取得することをおすすめします。

  • MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)

マイクロソフト社の製品についての認定資格です。世界中で実施されている、情報システム関連のエンジニア向けの資格です。

  • LPIC(Linux技術者認定資格)

MCP同様、世界的に通用するLinux技術者の認定資格です。

  • CCNA(Cisco Certified Network Associate)

シスコ社の製品を扱う認定資格です。ネットワークの導入や運営、トラブルシューティングの知識を証明できます。

  • CCNP(Cisco Certified Network Professional)

CCNAのワンランク上の資格といえます。取得者は、ネットワークエンジニア、サポートエンジニア、システムエンジニア、ネットワーク技術者などのスキルを証明できます。

 

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、データベースの開発や設計、運用、管理を専門に担います、
あらゆる情報がデジタル化されている現代において、膨大なデータを適切な場所に収め、必要な時にいかに簡単かつスピーディーに引き出せるかは、企業にとって重要な課題です。データベースエンジニアは多角的な視点からデータと向き合うことでデータの管理を図り、情報資産の効率的な活用を実現させていきます。

仕事内容詳細

データベースエンジニアの仕事の領域は幅広くなりますが、担当する業務内容によって、大きく「データベースの開発・設計」「データベースの管理」「データベースの運用」の3つの分野に分けることができます。

  • データベースの開発・設計

顧客がデータベースでどんなデータを管理したいのかを確認し、そのニーズに合わせて、最適なデータベースを開発・設計していく仕事です。Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Server、PostgreSQL、MySQLなどのデータベースアプリケーションを使い、顧客の求めに応じてデータベースを作り上げていきます。

  • データベースの管理

データベースシステムを動かすには、データの適切な管理が欠かせません。データを保存しているサーバーの最適化や効率化などのチューニングを行うのも、データベースエンジニアの仕事です。

  • データベースの運用

データベースへのアクセス権の管理やデータのバックアップなど、システムの運用を行います。また、稼働中のデータベースへの不正侵入や、データ流出を防ぐためのセキュリティ設計を行います。
データベースエンジニアと混同しやすいのが、データエンジニアです。
データエンジニアとは、分析に活用するデータを加工し、整え、運用・管理するのが大枠の仕事となります。また、データの分析基盤をつくるためにデータベースの設計や構築も担うため、データベースエンジニアと重複する業務も担っています。つまり、データエンジニアという広い領域の中でデータベースに特化した仕事を担うのがデータベースエンジニアとなります。
 

データベースエンジニアにおすすめの資格

データベースエンジニアとして働くのに、必ず取得すべき資格はありません。ただし、実力を客観的に証明するものとして、資格を取得しておくことはおすすめです。ここでは、代表的な資格を4つご紹介します。

  • 基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、経済産業省所管の独立行政法人である情報処理推進機構(IPA)が実施する「情報処理技術者試験」のひとつ。高度IT人材に必要とされる基本的な知識・技術を持っていることを認定する国家資格です。
データベースエンジニアに限らず、各種IT系エンジニアの登竜門とされている資格なので、IT業界への転職を考えている人は、まずはこの資格の取得を目標にするといいでしょう。ワンランク上の知識・技術を問う「応用情報技術者試験」もあります。

  • データベーススペシャリスト試験

データベーススペシャリストは、基本情報技術者試験と同じく、IPAが実施する「情報処理技術者試験」のひとつです。データベースの設計・開発・保守・運用に関するスキルを認定する資格であり、この資格を有していれば、データベース構築プロジェクトでグループの責任者になれる力が身に付いている証明になります。

  • ORACLE MASTER

ORACLE MASTERは、世界で高いシェアを誇るオラクル社の製品Oracle Databaseシリーズを扱う技術を認定するベンダー資格です。難度別に「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」という4つのランクがあります。世界で評価される資格を取得したい場合、最もおすすめの資格です。

  • MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)

MCPは、マイクロソフトが実施する認定資格プログラムの総称です。定められた認定試験をクリアすることで資格が与えられる仕組みになっています。データエンジニア向けの認定資格は、「Azure Data Engineer Associate」や「Customer Data Platform Specialty」など、現状4種類あります。

 

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークの構築・保守・管理を行う技術者のことです。
私たちは普段、当たり前のように自身のパソコンからデータを送ったり、受け取ったりしていますが、快適な通信環境を構築し、守っていくことがネットワークエンジニアの仕事になります。

仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークの設計から要件定義、構築、保守・監視、運用など多岐にわたりますが、大きく次の4つに分類することができます。

  • ネットワーク設計

クライアントがどのようなシステムを求めているかヒアリングし、要件をまとめて設計します。要件に応じて、ネットワークの構成や使用するネットワーク機器(ルーターなど)の種類・数、使用する回線などを決めていきます。回線費用といったネットワークの維持コストや構築までのスケジュールもここで検討します。

  • ネットワーク構築

ネットワーク設計時に立てたスケジュールに基づき、実際にネットワーク機器を設置し設定していきます。かかる時間は構築するネットワークの規模によりますが、多くの拠点を結ぶ大規模なネットワーク構築の場合は、数ヵ月かかる場合もあります。構築後はテストを行った後、運用開始となります。

  • ネットワーク運用

ネットワークシステムは一度構築すれば終わりではなく、随時機器の設定変更や構成変更などを行う必要があります。立ち上げたネットワークに手を加えて運用を助けるのも、ネットワークエンジニアの仕事のひとつです。

  • ネットワーク保守

多くの機器と同じように、ネットワークシステムにも故障やトラブルは発生します。トラブルの原因をいち早く突き止め、必要に応じて機器の交換などを行って、円滑なネットワークを維持するのも、ネットワークエンジニアの重要な仕事です。
 

システムエンジニア及びサーバーエンジニアとの違い

ネットワークエンジニアに似た職種としてシステムエンジニア(SE)やサーバーエンジニアが挙げられます。これら3つの仕事内容には、どのような違いがあるのでしょうか?

  • ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事は、個々のコンピューターをつなげるための「ネットワークシステム」を構築・運用することです。

  • システムエンジニア

それに対してSEの仕事は、「個々のコンピューター上で動くシステム」の設計・開発・テストを行うこと。どちらも「システムを作る」のが仕事ですが、対象とするものが異なります。

  • サーバーエンジニア

サーバーエンジニアの仕事は、サーバー(サービスや機能を提供するコンピューター)を構築・運用・点検することです。そのサーバー同士をネットワークでつなげるのが、ネットワークエンジニアの仕事となります。
 

ネットワークエンジニアにおすすめの資格

ネットワークエンジニアとして働くために、必ず取得しなければならない資格はありません。しかし、ネットワークエンジニアとしての技術や知識があることを客観的に証明するものとして、次のような資格を取得しておくことをおすすめします。

  • ITパスポート試験

ITパスポート試験は、経済産業省所管の独立行政法人である情報処理推進機構(IPA)が認定する国家資格のひとつで、ICTに関する基本的な知識があることを証明するものです。
ICT業界で働くエンジニアだけでなく、普段ITを利用・活用するすべての人々を対象としており、セキュリティやネットワークなどIT関連知識のみならず、経営戦略やマーケティング、財務、法務、プロジェクトマネジメントを含めた、総合的なITの知識を問うものになっています。

  • 基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITパスポートと同じくIPAが実施しており、IT業界で働くエンジニアの登竜門といわれる国家資格です。
基礎的な知識・技術、指導者の指示のもと、システムの設計や開発、ソフトウェアの開発、情報戦略に関する予測や分析、評価ができるレベルにあることの証明になります。
さらにレベルの高い「応用情報技術者試験」もあります。

  • ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験のさらに上位に位置する国家資格です。取得すれば、一人前のネットワークエンジニアとして、ネットワークの構築・管理・運用・保守の全てを行うことができ、また人に指導できるスキルを備えていることの証明になります。

  • CCNA(Cisco Certified Network Professional)

民間資格「シスコ技術者認定」のひとつであるCCNAは、世界最大手のネットワーク関連機器メーカー・シスコシステムズ社が実施しています。取得すれば、同社の製品であるルーターやスイッチを扱う技術のみならず、ネットワークの構築や運営、トラブル対応などの知識・スキルがあることの証明にもなります。

  • CCNP(Cisco Certified Network Professional)

CCNPはCCNAの上位資格であり、取得することで、大規模なネットワークの設計、構築、運用、保守を行う力があることの証明になります。CCNPを取得するには、まずCCNAを取得しなければなりません。上位資格には、CCIEがあります。

 

セキュリティーエンジニア

「セキュリティエンジニア」とは、情報セキュリティに関する業務に特化したエンジニアのことを指します。インターネットが一般化した現在は、企業や団体がサイバー攻撃に対して対策を行う必要があり、セキュリティエンジニアがその役割を担います。

仕事内容詳細

セキュリティエンジニアの仕事内容は、「企画」「設計」「実装」「テスト」「運用」という、5つのステップに分かれています。
 
企画
システムのコンサルティングを行い、どのようなセキュリティが必要なのかを企画・提案します。
 
設計
セキュリティに配慮したシステムの設計を行います。ネットワークはもちろん、サーバー機器などのハードウェアやアプリケーション、システムの運用に至るまで、すべてを網羅して設計します。
 
実装
設計と同様に範囲が広く、ネットワーク機器やOSの設定に加えて、プログラミングも行います。
 
テスト
実装したシステムに脆弱性がないかをテストします。擬似的にサイバー攻撃を行ったりもします。
 
運用
導入したシステムを安全に運用します。最新の情報を常に入手し、OSやアプリケーションのアップデートを行います。また、システム障害やサイバー攻撃などに対処するためのスキルも必要となります。
 

情報セキュリティの重要性

セキュリティエンジニアが必要だといわれているのは、それだけ情報セキュリティが重要視されるようになったからです。では、企業はどんな脅威に備え、情報セキュリティを行っているのか。企業がそれだけ力を入れる理由をご紹介します。
 

ICTの普及により情報資産が高まっている

近年、情報資産の価値が高まっています。要因は、IT技術の進化と普及にあるでしょう。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテレワークの浸透によりあらゆる重要情報がデジタル化され、蓄積や参照が容易となったことも考えられます。
デジタル化により情報の取り扱いの利便性は向上しましたが、同時に第三者による悪質な攻撃から守る策を講じることが急務となり、情報セキュリティの重要性にスポットライトが当たっている状況です。
 

個人情報漏洩の防止

名前や住所、銀行口座、または、カードやインターネットのサイトに登録した際に作ったパスワードなどのさまざまな個人情報が他人の手に渡ってしまうことが、「個人情報の漏洩」です。
実は、漏洩のほとんどの原因が内部の人間による「ミス」だといわれています。こういった事故を防止するのも情報セキュリティの役目なのです。
 

ウィルスの感染防止

ウィルスの侵入により、多大なる被害を受けている企業は少なくありません。
ウィルスによってシステムの不具合が起こり、それをきっかけにして、機密データの破損、漏洩につながる可能性もあります。また、ホームページを不正に改ざんされ、ネットバンキングの不正送金が起きてしまうかもしれません。そんなことでは、企業は信頼を失ってしまうでしょう。
事前にウィルスの侵入を防ぐ対策はもちろんのこと、不具合が起きた際の対策を行うことも情報セキュリティの役割です。
 

運用保守エンジニア

「運用保守システムエンジニア・障害対応」とは、サーバーやネットワークが障害などで停止しないように、運用管理及びメンテナンスなどを行う仕事です。
一般的に運用システムエンジニアは「システムの最適化」を担当し、障害が発生しないように監視します。保守システムエンジニアは「障害対応」の業務が中心となっています。
しかし、これらの職種に明確な区分はありませんので、企業によっては運用または保守のいずれかを担当することもあれば、両方の業務に携わることもあります。

仕事内容詳細

運用保守システムエンジニア・障害対応の仕事を大きく分けると、「運用」と「保守」の2種類になります。
いずれもサーバーやネットワークなどの安定稼働を目指していますが、その役割は異なります。それぞれの仕事内容を見てみましょう。
 
運用の仕事
運用において一番重要なことは、「トラブルを未然に防ぐこと」です。
ネットワーク機器やPCなどの管理をはじめ、Webアプリケーションなどの性能管理、セキュリティなどの管理を適切に行うことで、トラブルの発生を防ぎます。
 
保守の仕事
保守において重要なのは、「障害対応」です。トラブルが発生したときに、どの部分に障害があるのか原因の究明を行い、すぐに復旧を試みます。
マニュアルに載っていないような複雑なトラブルにも対応する必要があるため、ソフトからハードまで広く深い知識が求められます。
表舞台に立つことがないので、その重要性に気付かれないことも多いのですが、保守なくしてシステムは維持できません。

システム運用

システムに障害が起きた場合、サービス利用ができなくなり利用者に多大な迷惑をかけかねません。
円滑にシステムを利用できるようにするためには常にシステムを停止させることなく、サービス提供できる環境を整えなければなりません。
それがシステム運用の仕事です。

仕事内容詳細

システム運用とは、サーバーやネットワークがトラブルで停止しないように、システムの管理・運用をする仕事です。運用保守エンジニアとも呼ばれています。
具体的には、サーバーやネットワークが問題なく稼動しているかを常に監視し、トラブルを未然に防いで安定したサービスを提供しています。
 

システム運用とシステム保守の違いは?

システム運用と混同しやすい職種にシステム保守があります。
システム運用が「トラブルを未然に防ぐ仕事」なら、システム保守は「システムに起こったトラブルに迅速に対処する仕事」です。両方にまたがる仕事も多く、兼任している担当者もいます。
 
システム運用の仕事
システムの監視
異常発生時の記録
トラブルの原因究明
トラブルの対策を考える
運用方法の改善を考え、マニュアルを更新する など
 
システム保守の仕事
トラブルの対応、システムの復旧
バグを改修する
データのバックアップをとる、バックアップの計画を立てる
新しいシステムの導入
システムのアップデート など
システム運用とシステム保守の最大の違いは、システム保守はシステムに対して変更を加える点で、トラブルが発生した際には、原因究明と迅速な復旧作業を担当します。
たとえば「インターネットにつながらない」というトラブルでも、パソコン自身が原因のこともあれば、ネットワークに障害が生じている場合もあります。
システム保守は一刻も早く原因を見極め、復旧しなければならず、ICTに関する広範な知識と経験が必要とされる仕事です。
 

募集要項及びエントリーフォームは、2024年7月21日に公開いたします。
 
応募者様が多数になることが想定されますが、順次、速やかに対応させていただきます。
何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。
尚、メディア制作事業の採用につきましては一般公募はしておりません。
 
尚、ICT事業部におけるマネジャー及びメディア制作事業におけるクリエイターにつきましては、一般公募はしておりません。

募集要項及びエントリーフォームは、2024年7月21日に公開いたします。

 
応募者様が多数になることが想定されますが、順次、速やかに対応させていただきます。
何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。
 
尚、ICT事業部におけるマネジャー及びメディア制作事業におけるクリエイターにつきましては、一般公募はしておりません。