INTERVIEW

 

本澤 樹
システムエンジニアリング事業部
ネットワーク構築サポート担当

INTERVIEW

 

本澤 樹
システムエンジニアリング事業部
ネットワーク構築サポート担当
転職活動中に、
たまたま友達から声を掛けてもらって。
 
すでにフィルアップに勤務していた大学時代の友達との何気ない会話。転職活動中であることを知った友達がフィルアップの人事部を紹介してくれた。
 
殊にそのころ、モリーオ市では競馬場を植物園に拵こしらえ直すというので、その景色のいいまわりにアカシヤを植え込んだ広い地面が、切符売場や信号所の建物のついたまま、わたくしどもの役所の方へまわって来たものですから、わたくしはすぐ宿直という名前で月賦で買った小さな蓄音器と二十枚ばかりのレコードをもって、その番小屋にひとり住むことになりました。わたくしはそこの馬を置く場所に板で小さなしきいをつけて一疋の山羊を飼いました。毎朝その乳をしぼってつめたいパンをひたしてたべ、それから黒い革のかばんへすこしの書類や雑誌を入れ、靴もきれいにみがき、並木のポプラの影法師を大股にわたって市の役所へ出て行くのでした。
 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
 またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。
そのころ私は、 モリーオ市の博物局に勤めて居りました。
 
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
 
殊にそのころ、モリーオ市では競馬場を植物園に拵こしらえ直すというので、その景色のいいまわりにアカシヤを植え込んだ広い地面が、切符売場や信号所の建物のついたまま、わたくしどもの役所の方へまわって来たものですから、わたくしはすぐ宿直という名前で月賦で買った小さな蓄音器と二十枚ばかりのレコードをもって、その番小屋にひとり住むことになりました。わたくしはそこの馬を置く場所に板で小さなしきいをつけて一疋の山羊を飼いました。毎朝その乳をしぼってつめたいパンをひたしてたべ、それから黒い革のかばんへすこしの書類や雑誌を入れ、靴もきれいにみがき、並木のポプラの影法師を大股にわたって市の役所へ出て行くのでした。
 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
 またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。 
 
殊にそのころ、モリーオ市では競馬場を植物園に拵こしらえ直すというので、その景色のいいまわりにアカシヤを植え込んだ広い地面が、切符売場や信号所の建物のついたまま、わたくしどもの役所の方へまわって来たものですから、わたくしはすぐ宿直という名前で月賦で買った小さな蓄音器と二十枚ばかりのレコードをもって、その番小屋にひとり住むことになりました。わたくしはそこの馬を置く場所に板で小さなしきいをつけて一疋の山羊を飼いました。毎朝その乳をしぼってつめたいパンをひたしてたべ、それから黒い革のかばんへすこしの書類や雑誌を入れ、靴もきれいにみがき、並木のポプラの影法師を大股にわたって市の役所へ出て行くのでした。
 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
 またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。 
 
殊にそのころ、モリーオ市では競馬場を植物園に拵こしらえ直すというので、その景色のいいまわりにアカシヤを植え込んだ広い地面が、切符売場や信号所の建物のついたまま、わたくしどもの役所の方へまわって来たものですから、わたくしはすぐ宿直という名前で月賦で買った小さな蓄音器と二十枚ばかりのレコードをもって、その番小屋にひとり住むことになりました。わたくしはそこの馬を置く場所に板で小さなしきいをつけて一疋の山羊を飼いました。毎朝その乳をしぼってつめたいパンをひたしてたべ、それから黒い革のかばんへすこしの書類や雑誌を入れ、靴もきれいにみがき、並木のポプラの影法師を大股にわたって市の役所へ出て行くのでした。
 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森で飾られたモリーオ市、郊外のぎらぎらひかる草の波。
 またそのなかでいっしょになったたくさんのひとたち、ファゼーロとロザーロ、羊飼のミーロや、顔の赤いこどもたち、地主のテーモ、山猫博士のボーガント・デストゥパーゴなど、いまこの暗い巨きな石の建物のなかで考えていると、みんなむかし風のなつかしい青い幻燈のように思われます。では、わたくしはいつかの小さなみだしをつけながら、しずかにあの年のイーハトーヴォの五月から十月までを書きつけましょう。


本澤 樹(miki MOTOZAWA)
異業種からフィルアップに転職した理由は、ずっと同じ会社にいるより、別の業界でチャレンジしたいと思ったから。年齢も25才です、フィルアップでは最年少。異業種からフィルアップに転職した理由は、ずっと同じ会社にいるより、別の業界でチャレンジしたいと思ったから。年齢も25才です、フィルアップでは最年少。


本澤 樹(miki MOTOZAWA
異業種からフィルアップに転職した理由は、ずっと同じ会社にいるより、別の業界でチャレンジしたいと思ったから。年齢も25才です、フィルアップでは最年少。異業種からフィルアップに転職した理由は、ずっと同じ会社にいるより、別の業界でチャレンジしたいと思ったから。年齢も25才です、フィルアップでは最年少。

募集要項

雇用形態

正社員

業界未経験者:21万円以上+各種手当

経験者:25万円〜52万5000円以上+各種手当

勤務時間

基準勤務時間 9:00〜18:00(プロジェクトにより変動あり)

勤務地

都内及びその近郊(お客様企業先の情報システム部、データセンター、開発室)

休日休暇

週休2日(プロジェクトにより異なりますが、月間勤務時間は160〜180時間平均)

夏季休暇/年末年始/有給休暇/慶弔休暇/ハネムーン休暇/産前産後休暇/育児休暇(取得実績あり)

待遇・福利厚生

交通費全額支給/時間外手当/役職手当/管理手当/社会保険完備/IT資格取得支援/健康診断/各種社内サークル支援/社内キャンプ(年1回)/社内BBQ大会(年1回)/女性社員会(隔月)/フィルアップ家族会(年1回)

募集職種

 <経験者>

 インフラエンジニア(ネットワーク/サーバー)

 日英2か国語対応システム構築・運用(要日常英会話)

 セキュリティエンジニア

 データベースエンジニア

 ウェブ開発エンジニア

 <未経験者>

 インターネット環境構築事業におけるサポートデスク(各種申請書類作成、社内業務調整など)

IT & ICT プロジェクトにおける英語ヘルプデス(要日常英会話)

法人向け社内ネットーワークのリプレイスメント(切り替え)に伴うサポートデスク

 応募資格

高校卒業以上 22才から45才くらい迄

都内近郊にお住まいの方 または 都内近郊へ引越予定の方

日本語がネイティブ または ネイティブレベルの方)外国籍の方はご相談ください。尚、当社で就労ビザの発行はしておりません)

株式会社フィルアップ 会社情報

COMPANY

会社情報
 

株式会社フィルアップ 事業内容

SERVICE

事業内容
 

株式会社フィルアップ マネージメント 代表取締役 佐々木善浩

 
MANAGEMENT

マネージメント
 

株式会社フィルアップ アクセスマップ

ACCESS

アクセスマップ
 

株式会社フィルアップ 採用情報

RECRUIT

採用情報
 

株式会社フィルアップ お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ